妻から「浮気完全フリー」と言われた男は・・・・・。

結婚したときに妻からこう言われました。
「浮気はいくらしてもいいわよ。男が一生奥さんだけで満足するなんて、ありえないでしょ。それに私、女にモテないような男は嫌いだし。だけど、妊娠と病気にだけは気をつけてね。それからもし浮気が本気になったら、遠慮なくそう言って。いつでもきれいに別れてあげるから。慰謝料もいらない」。
今にして思えば、妻は私に小心なところがあることを見抜いていて、あえてそう「宣言」したのだと思います。「慰謝料もいらない」と新婚のときに宣言されてしまうと、小心者の私はとても「浮気しよう」という気にはなれない。妻はそう考えたに違いありません。
妻のその言葉は当時の私にとって、強烈な「ブレーキ」になりました。男として「その気」になったり、浮気のチャンスがすぐ手の届くところにあるときでも、そのブレーキで思いとどまるのです。
けれど、妻の言うとおり「男は妻だけでは満足できない」ものです。結婚して4年目に、私は初めて浮気しました。相手は仕事の取引先の、パート社員です。彼女も結婚していましたから、最初からおたがい「遊び」と割り切った関係でした。
彼女とは丸2年付き合った末に別れました。「深みにはまらないうちに、そろそろ関係を解消しよう」と2人で話し合った、いわば協議解消です。
びっくりしたのが、そのあとです。別れて1ヶ月ぐらいたったときに、妻が言いました。「うまく手が切れたみたいね」。
一瞬、何のことかと思いましたが、意味ありげな妻の微笑を見て、ピンときました。私の浮気を、妻は見抜いていたのです。私が浮気していること、関係が長くつづいていること、そしてその相手と別れたこと、妻はすべてお見通しだったわけです。
私は寒気がしました。「まいりました」と、完全に白旗。妻がどうして知っていたのかは、いまだにわかりません。「女の第六勘」だけで、そこまで見通せるものでしょうか。けれど「どうしてわかったの?」とは、怖くてとても聞けません。
それ以後も、何度か浮気はしていますが、1夜限りの関係か、ごく短期間で関係を終わらせるようにしています。