突然お葬式に出ることになったら?知っておかないと恥ずかしいマナー

人の訃報というのはいつも突然のことが多いです。そのため、身内や知り合い、先生などが突然亡くなったら
駆けつけなければいけない場合もあるのです。しかし、突然のことなのであらかじめ葬式のマナーを知っておく必要があります。

【通夜に行く際の服装】

突然すぎることが多いので、どこで訃報を受ける分かりません。
喪服はきちんと用意しておくといいでしょう。しかし、通夜は急なことでも駆けつけることが
できるので、急いで喪服でかっちりして行くと「不幸を予期していた」のではないかと思われてしまいます。
通夜は急にという場合もあるので、もし私服だったとしても駆けつけることには変わりはありません。
なので、通夜のみに伺う人のほうが増えました。
霊園と墓地の情報数No.1!全国のお墓が探せる「いい お墓」

 

【なるべく長居はしないこと】

遺族の人たちは告別式や葬儀の準備などで忙しく、悲しみに暮れているので
通夜にはなるべく長居はしないことがマナーです。立ち話をしたいのであれば、他に行ってからしましょう。