子供の入院がきっかけで起こった、夫の不倫騒動

私は、去年の夏頃から1年間位、夫に不倫されていました。
一昨年の暮れ、長男が生まれてすぐに大病に罹って長期入院したことがきっかけで、去年の春頃、突然夫が、私に愛情がなくなったと言い出し、仕事場や車に泊まってあまり帰ってこなくなりました。
その時は、私も今まで、夫にいろいろ甘えていたことや、息子の入院で夫のことを労われなかったことを反省し、義理の両親を交えて話し合いして、なんとか続けていくことになりました。
しかし、夫婦仲はぎくしゃくしたままで、夫は仕事を理由に平日毎日朝帰りを続け、更に急に洋服をたくさん買い出したり、無駄遣いをするようになり始めました。
さすがにこれは怪しいと思い、夫に問いただしたところ、実は気になる人がいると言い出し、まだ付き合ってはいないが、自分は狙った女性は百発百中だから時間の問題だと言われました。私は、この人は妻に対してこんなことを言うなんて、頭がおかしくなったのではないかと思いました。
その後も、私に嘘をついてデートしたり、彼女の家に泊まったりしていたようで、夫と話し合うたびに、私には気持ちがないとか、いいところが全然ないと言われ、その人と一緒にいたいの一点張り。その時の夫は、全く悪びれもせず顔つきも変わり、まるで別人格の様でした。
私も色々インターネットで不倫について調べてみましたが、不倫している夫は皆、同じような行動や暴言を吐くものだと知り、絶対離婚はしないとだけ言って、放っておくしかないと思いました。
そして、依然、朝帰りは続きましたが、挨拶や感謝の言葉を大事にして、極力普通に坦々と過ごし、一切不倫については触れないようにしました。
すると、あんなに話し合いをしていた時には、毎回のように離婚してみたいと言っていた夫も、私が黙っていたら離婚のりの字も言わなくなり、少しずつ夫婦仲も良くなっていきました。
その頃の私は、段々夫に対して諦めというか、自分が選んだ夫は、残念ながら妻への不満を理由に不倫するような最低な人だけれども、ちゃんと給料を家に入れて、子供達の父親でいてくれるならそれでいいと思えるようになって、気が楽になって行きました。まあ、こうでも考えなければ、精神的に参ってしまっていたと思いますが。
そして、今年の夏頃、急に夫が私にベタベタしてくるようになり、おかしいなとは思っていましたが、依然朝帰りは続いていたので、何も聞かずに過ごしていたのですが、それから半年後のつい最近、あることがきっかけで、不倫の話になり、まだ続いているのかと聞いたところ、夏頃にその人との付き合いはやめて、今は子供の為にも私と仲良くしなければと思っていると言われました。その時の夫は、もう去年の暴言を吐いていた別人格の夫ではなく、以前の夫に戻ったようでした。
不倫をすると、脳内に特別なホルモンが出て、本当に人格が変わったようにおかしくなるんですね。でもそのホルモンも長くても1,2年位で出なくなり、何もなかったように家族のもとへ帰ってくると言われているらしいのですが、夫の場合もやはりそうだったのでしょうか。
夫は、今だ週に何回かは朝帰りを続けています。でも、それは本当に仕事が忙しく、夜中に帰るのが面倒になって職場に泊まってしまうと言います。私は、あれだけ不倫のことを公言していた夫自らが、もう不倫していないというなら本当なのだろうと思えています。
不倫された方の辛さは計り知れません。夫は未だに不倫について謝ってもくれません。こんな夫を許し、もう不倫については責めずに結婚生活を再構築しようとしている私は、もちかしたら夫の不倫がきっかけでおかしくなっているのかもしれません。
でも、悪いことばかりではなく、夫の不倫がきっかけで、私はいろんな意味で少しだけ強くなれたし、夫に甘えすぎていた自分も発見できました。
この経験が、これからの長い夫婦生活に必要な一部分であったと思いたいです。



>>>相談無料24時間受付中<<<