六股をされていた

私が20歳の頃、それまで男性と交際した事がなく、初めておつきあいをしたの時の話です。
ドライブや遊園地、カフェやピクニックなど、週一のデートが楽しくて本当に幸せを胸いっぱいに感じて過ごしていました。
今から思い起こすと不自然な事がたくさんありました。
デートの日取りは彼の都合次第。当日でもいきなりデートがキャンセルされる。デートの後で、また別の用事がある言って友達と遊ぶ。友達と飲みにいって朝帰りをしている。彼の会社の前を車で時に、隠れて!と言われた。いつも避妊具を持ち歩いている。などなど、数え上げたらキリがありません。
けれどもその頃の私には気付く術もなく、何も気付かないまま1年が過ぎてゆきました。
そしてある日突然、別れてほしいと言われて、私は目の前が真っ暗になり、泣きながらどうしてなのかと問い詰めました。
すると彼は他に好きな人ができてしまったと正直に話してくれたのでした。
けれども当時の私はどうしても納得する事ができず、ただ泣きわめく事しかできませんでした。
どうにもこうにも諦められずに、悶々とした日々を過ごしていた私を見かねた共通の友人でもある彼の元同級生が、ある日私に連絡をくれて、彼に関する秘密を打ち明けてくれたのでした。
それは、私とつきあう以前から、他にもつきあっている女の子が2人いて、私とつきあってからも3人の女性に告白してつきあっていたというのです。
全員が同時進行です。つまり私を含めて6人とつきあっていた彼。
その話を聞いた時に驚きすぎて、とっさには返す言葉が出てこなかった事を今でも鮮明に覚えています。
この友人と私は共通の趣味があり仲良くさせてもらっていました。
彼の浮気を知っていながら、私に話すことができず、この友人も辛い思いをしていたそうです。
私はこの話を聞いて、本当にあっけないほどに、彼への執着心がなくなってしまい、すっぱりと彼をあきらめる事ができたのでした。
そしてその事を教訓にして、それ以降は誠実な男性にしか興味がなくなりました。
その友人は、今でもよき理解者であり、そして私の旦那様です。