現代人の食生活や生活習慣におけるデトックスの必要性

af9980024442

デトックスという言葉を巷で使われるようになってから久しいですが、何故、こんなにデトックスがブームになったのでしょうか。そのように訊かれると返事に困ってしまいますね。昔は技術がなかったのか、それとも必要なかったのか?結論を言いますと必要なかったのです。

食生活の変化がデトックスブームを呼んだ!?

現代、特に戦後、高度成長期と共に外国の食べ物が日本の食卓に普通に並ぶようになりました。元々、日本食は世界で1番、お肌にも身体にも良いものであるのに、手軽さや満腹感というような理由から外国の食文化が定着してしまいました。
主食である米は殆どが水分ですから美肌効果は世界一なのですが、パンが主流になってしまいました。
そうしたことから、解毒、つまりデトックスしましょう、という流れになったのです。
パンやお肉が好きな人、アルコールが好きな人は月に1度はデトックスマッサージに通っていただきたいですね。

マッサージ店選びは大切!

通常、デトックスマッサージにはアロマオイルを使われます。だからと言って、アロママッサージをしてくれるところなら何処でもいいという訳ではありません。デトックスマッサージを望まれる場合はやはりそれをきちんと謳っているところへ足を運んでください。

デトックスマッサージに力を入れているところは施術者が、リンパを指で触っただけで、何処にどれくらい溜まっているかというのを察知してくれますからきちんと身体をキレイにしてくれるのです。

アトピーにオススメ!奇跡のドリンク”ルイボスティー”

私は、子供のころからのアトピー体質です。
ですが、本当にひどくなったのは成人してからの就職活動でした。
今まで経験したことのないストレスで、全身の皮膚が剥がれて真っ赤になり、
普段なら再生するはずのキズがまったくいっていいほど回復することがありませんでした。

偶然良いお医者様と巡り合えたので、今は大分回復しています。
そんな経験から体に良い食べ物飲み物を探すようになりました。

ある日、ネットでたまたま見つけたあるもの。
それから近くのスーパーで買って飲むことにしました。
そのあるものというのは、”ルイボスティー”です。
南アフリカでは「不老長寿」の飲み物とされているものです。
最近ではスーパーでもペットボトル入りのものが販売されていて、
比較的簡単に飲むことができます。

このルイボスティー、なにがすごいかというと
ノンカフェイン、便秘解消、夏バテ防止、そしてアンチエイジング効果ありと、
飲むだけでこれだけの効果を得ることができます。

私がおすすめしたいのは、
ティーパックタイプのルイボスティーを買って飲むことです。
それもお鍋で水を沸騰させた中にティーパックを3~4つほど投入して
20分ほど濃いめに煮出すのです。

af9970047596
濃ければ濃いほどルイボスティーはその効果を発揮します。
ですが注意したいのは、ルイボスティーを飲み過ぎると利尿作用が働き、
頻繁にトイレに行きたくなってしまうので飲むタイミングには気を付けてください。

私は、体に毒素が溜まった感じがしたとき飲むようにしています。
ルイボスティーを飲んで3日ほど経つと、
余分なものや毒素が体から出て行ってすっとするような感覚があります。

アトピーでお悩みの方には、試して損のないものだと胸を張ってオススメすることのできるドリンクだと思います。

http://www.アトピーエステ.com/

突然お葬式に出ることになったら?知っておかないと恥ずかしいマナー

人の訃報というのはいつも突然のことが多いです。そのため、身内や知り合い、先生などが突然亡くなったら
駆けつけなければいけない場合もあるのです。しかし、突然のことなのであらかじめ葬式のマナーを知っておく必要があります。

【通夜に行く際の服装】

突然すぎることが多いので、どこで訃報を受ける分かりません。
喪服はきちんと用意しておくといいでしょう。しかし、通夜は急なことでも駆けつけることが
できるので、急いで喪服でかっちりして行くと「不幸を予期していた」のではないかと思われてしまいます。
通夜は急にという場合もあるので、もし私服だったとしても駆けつけることには変わりはありません。
なので、通夜のみに伺う人のほうが増えました。
霊園と墓地の情報数No.1!全国のお墓が探せる「いい お墓」

 

【なるべく長居はしないこと】

遺族の人たちは告別式や葬儀の準備などで忙しく、悲しみに暮れているので
通夜にはなるべく長居はしないことがマナーです。立ち話をしたいのであれば、他に行ってからしましょう。

 

どうして浮気と不倫がいけないのかというハナシ

たまに質問系サイトで不倫話や浮気話を見ます。
そして「どうしていけないのか」といわれたら
「ひとを傷つけるからです」という答えが大半なのです。

相手のためなら他人を傷つけてもいいと思うひとと
恋愛ってするもんだろう?
違うのか?
と、自分の恋愛感というものといきなり向き合うことに
なってしまったんです。

なんの非もない人間なんて居ないでしょう。
問題のない人間も居ないでしょう。

そして自分にも問題があるでしょう。

そこから調べていくと、
どうやら「傷つけられやすいと思っている人は
実は自分が傷つけるタイプであることを気がついていない」
というハナシがちらっと。

つまり、傷つけられても大丈夫。がんばる。
っていう感じの不幸風味の女性って男性に
好かれるような気がします(個人的主観です)

まるで演歌みたいですけど。
つり橋にのっかっていておっこちそうになってたら
助けちゃうわけですよ。
男性が疲れているときにエレクトしちゃうハナシを
考えてみたらわかること。

結局「生存危機」みたいな状態になったら
そりゃ、繁殖行動しちゃうじゃないですか!

浮気されるタイプの女性が知人に居ます。
夫君が日々浮気してる感じです。
なんとなく発言から「うぉ、この女めんどくせぇ」と思います。

いつもグチグチいってます。
早起きをしません。
掃除が苦手そうです。
自分はすぐ「やっているやっている」といいます。

そういうタイプで
きちんとしているオトナに、であったことがないんです。

いつもあっけらかん、としているとしたら
拍子抜けして浮気、やめちゃうんじゃないかなぁ?
って思います。

でも、問い詰めて問い詰めて。

みていてどちらも哀れなのです。

本当に普通に生活しているひとたちにとって
浮気も不倫もそうそう身近には
ないような気がします。

大事にならない、といったらいいでしょうか?
うまいこと、それをなぁなぁというのかもしれませんが
お互い思いやって適当にしていればいいのに。
許してあげればいいのに。と、思っている
自分は独身ですけどね。
別に不倫も浮気も普通に「あること」なんだろう。
そう、思っているんです。

それこそ、調べ上げたりしたら
自分も相手も傷つく、そういうことですね。

ひとを傷つけちゃいけないんでしょう?



>>>相談無料24時間受付中<<<